野球部 一年生大会第2回戦結果

岡山県高等学校野球一年生大会第2回戦結果

11月12日(日) 玉原球場   対 東岡山工業高校
玉 野 2 1 1 1 1 0 0 4          10
東岡工 0 0 1 0 1 0 0 1×         3          8回コールド

バッテリー: 武良・渡辺 ―  安東

3年ぶりに出場した岡山県高等学校野球一年生大会は、第2回戦からの登場で、玉原球場にて、東岡山工業高校との対戦で行われた。

1回表、先攻の玉野は、山名の内野失策、岩﨑の犠打、吉岡の四球、井下の中前安打で満塁となる。続く小西、安東の連続四球で2点を先制する。

2回表、玉野は、永屋が四球、盗塁などで二死三塁となり、相手投手の暴投で1点を追加し、3-0となる。

3回表、玉野は、小西の右越二塁打などで一死三塁となり、小野のスクイズで1点を追加する。

3回裏、東岡工の攻撃。玉野の先発投手は武良。内野失策、左前安打などで1点を返され、4-1となる。

4回表、玉野は、山名の死球、岩﨑、吉岡、井下の連続四球でさらに1点を追加する。

5回表、玉野は、安東の中越二塁打、小野の犠打で一死三塁となる。ここで永屋がスクイズを決め、1点を追加し、6-1とする。

5回裏、東岡工の攻撃。中越二塁打、左前安打、内野失策により1点が入る。

8回表、玉野は、山名の四球、岩﨑の犠打、吉岡の右前安打で一死一・三塁のチャンスを迎える。ここで4番の井下が左越本塁打を放ち、3点が入る。さらに小西の左中間二塁打、代打中村の左前安打でもう1点を追加し、10-2となる。

8回裏、東岡工の攻撃。左中間二塁打、左越二塁打で1点を返され、10-3となる。なおも二死三塁の場面を迎え、玉野は投手が渡辺に代わる。最後の打者を内野ゴロに打ち取りゲームセット。

玉野は、序盤から優位に試合を進め、玉野のペースで8回コールドで勝利した。

次戦は11月18日(土) エイコンスタジアムにて10時より作陽高校との対戦で行われますので、応援のほどよろしくお願いします

Comments are closed.

アーカイブ

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン