芸術鑑賞会が行われました。

本日は毎年恒例の芸術鑑賞会が行われました。
今年は林家彦いちさんらによる落語を鑑賞しました。
まず最初に林家彦いちさんが落語について分かりやすく解説してくださり、その後本校の生徒と教員が小噺を披露しました。言葉遊びのオチが見事決まると、会場から拍手が沸き起こっていました。 生徒による小噺 林家彦いちさんによる落語の説明。

その後、春風亭吉好さんは古典落語を、林家彦いちさんは新作落語をそれぞれ一席。口調や身振り手振りで登場人物をうまく演じ分け、そのキャクターになりきっていました。熱血体育教師を題材にした落語では、思わず「あるある」とうなずくネタばかりで、会場は始終笑いに包まれていました。生徒たちはプロの話の巧みさにもとても感心したようです。

 熱心に聞く生徒たち 林家彦いちさんによる新作落語

また、三増れ紋さんによる、曲独楽(きょくごま)も大変好評でした。とくに刀の切っ先の上でコマを回すという曲芸には生徒たちも驚いていました。

三増れ紋さんによる曲独楽

落語や曲独楽などの日本の伝統芸能には今まで触れたことのなかった生徒たちが大半でしたが、その楽しさを存分に体験できたようです。
本校では伝統芸能、演劇、音楽のローテーションで、毎年芸術鑑賞会を行っております。保護者の方のご鑑賞も可能ですので、お時間がありましたらぜひお越しください。

 

 

Comments are closed.

アーカイブ

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン