野球部 一年生大会準決勝

岡山県高等学校野球一年生大会準決勝結果

11月19日(日) どんぐり球場   対 就実高校
玉 野 0 0 0 0 0 0 0 0 0         0
就 実  0 0 0 1 3 1 0 0 ×         5

バッテリー: 井下・武良 ―  安東

岡山県高等学校野球一年生大会は準決勝が行われ、どんぐり球場にて、就実高校と対戦した。

1回表、玉野は、山名の四球、岩﨑の犠打、投手暴投で一死三塁のチャンスを迎える。しかし後続が続かず無得点に終わる。

3回裏、就実の攻撃。玉野の先発投手は井下。一死後内野安打、中前安打、犠打で二死二・三塁のピンチを迎えるが、後続を抑える。

4回裏、就実の攻撃。中前安打、犠打、内野安打で一死一・三塁となり、捕手からの三塁悪送球から1点を先制される。その後、二死二・三塁の場面で、玉野は投手が武良に代わり、直後の打者を空振り三振に抑える。

5回表、玉野は、代打山下の四球、武良の犠打、投手暴投、山名の四球などで二死二・三塁のチャンスを迎える。しかし次打者が倒れ、無得点に終わる。

5回裏、就実の攻撃。右前安打、犠打、中越二塁打で1点が入り、その後四球などで二死一・三塁となる。ここで右中間三塁打を打たれ2点が追加され、0-4となる。

6回裏、就実の攻撃。中越二塁打、右中間二塁打で1点を追加され、0-5となる。

8回表、玉野は、山名の右前安打、井下の左前安打などで二死一・二塁となるが、次打者が倒れ無得点に終わる。

9回表、玉野は、三木谷の死球、代打楠田の中前安打で無死一二塁となるが後続が続かず、最後の打者が内野ゴロでゲームセット。

玉野は序盤からのチャンスは数多く作ったものの、あと1本が出ず、惜敗した。

3日間温かい応援ありがとうございました。ブロック優秀校決定戦には進出できませんでしたが、冬、春のトレーニングを積み重ね、夏に向けて精一杯努力したいと思いますので、今後とも応援よろしくお願いします。

Comments are closed.

アーカイブ

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン