ソフトテニス部合格体験記!

 昨年度、玉野高校の国公立大学合格者の内5名はソフトテニス部です。文武両道を掲げ、勉強もソフトテニスも欲張って全力で打ち込み、見事に合格を勝ち取りました。以下に紹介します。

(岡山県立大学情報工学部合格 理系・荘内中出身男子)

 私は岡山県立大学に合格しました。合格することができたのは、ソフトテニス部の活動があったからこそだと思っています。ソフトテニス部では、文武両道、そしてソフトテニスを通じての人としての成長。この二つを大きな目標としています。私は、文武両道を生活の基本とし、ひたすら努力しました。その結果、最後のインターハイ予選では団体メンバーとして出場し、ベスト16に入ることができました。玉野高校ソフトテニス部は、厳しく、甘えも妥協も許しません。しかし、ソフトテニスが本当に好きで、もっと上手く、強くなりたいという人には、最高の環境だと思います。あと、最高に楽しいです。

(鳥取環境大学経営学部合格 文Ⅰ・東児中出身男子)

私はソフトテニス部の活動を通して、諦めないことの大切さや努力することの大切さを学びました。また、人間的にも精神的にも大きく成長することができたと思います。受験には小論文や面接があります。うまくいかず苦しくて逃げ出したくなった時にも、今までやってきた部活の方が苦しかった、それに比べたらまだ楽な方だと思い、諦めず一生懸命に努力しました。その結果、合格を手にすることができました。勉強と部活動を両立することは難しかったですが、頑張ってきた今は、人の何倍も得たことが多いと思っています。

(岡山県立大学保健福祉学部合格 文Ⅰ・宇野中出身女子)

 玉野高校のソフトテニス部は活気にあふれていて、私自身も全力で部活動に打ち込みました。その中で勉強も頑張って、合格することができました。ソフトテニス部という打ち込めることがあってこそ、勉強にもまた全力で取り組めたと思います。勉強と部活動を両立させ、楽しく充実した3年間でした。

(新見公立短期大学幼児教育学科合格 文Ⅰ・宇野中出身女子)

 私は1年生の頃からテニスをするときはテニス、勉強をするときは勉強する……と、メリハリをつけて生活するように心がけていました。また、ソフトテニス部で身につけた力は、私にとって大きなプラスになり、受験する際に自信になりました。

(名桜大学国際学群合格 文Ⅰ・日比中出身男子)

 私はソフトテニス部副キャプテンとしてプレーしていました。顧問の川俣先生は文武両道をモットーにしておられ、勉強にもソフトテニスにも同じだけの熱い情熱を注いでいます。しかし、普通科高校なので、まずはしっかりした勉強の土台を作り、その上で部活動が成り立つのだということを教わりました。私も引退するまでは、毎日練習に出て、家では授業の予習などを毎日きちんとやりました。引退してからは、勉強に気持ちを切り替え、念願の公立大学に合格することもできました。たしかに、勉強と部活動を両立させることがしんどいなと思う時もありました。しかし、そのしんどい日々を乗り越えることによって、ソフトテニスが上手くなったり、頭も良くなります。そして必ず人間的に一回りも二回りも成長できると思います。

 上記以外にも、広島経済大学・ND清心女子大学・川﨑医療福祉大学等、私大にも合格しています。みんな、ソフトテニス部で身につけた努力と根性で頑張って自己実現を果たしました!

 中学生の皆さん、玉野高校ソフトテニス部で「文武両道」しましょう!

Comments are closed.

アーカイブ

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン