野球部戦績

1回戦  4月24日(土) 倉敷市営球場              対 岡山大安寺高校

玉 野  0 1 0 0 0 0 1 0 0     2

大安寺     0 0 0 0 1 0 0 0 0    1

バッテリー: 仲前ー三村

県大会初戦、相手は大安寺高校。風が強い中始まった。

1回表、玉野の攻撃、一死の後、2番河井が相手失策で出塁し、続く打者の初球、すかさず盗塁に成功する。この好機にも、3番・4番が凡退し、無得点に終わる。

その裏、玉野先発投手の仲前は危なげなく三者凡退に打ち取る。

2回表、玉野は5番高岩が四球で出塁し、さらに相手投手のボークで二塁に進む。ここで6番三村がきっちりバントを決め、一死三塁の好機を迎える。続く打者の岡崎は変化球を崩されながらも、右前に運び、玉野は待望の先取点を取る。

続く2回の裏、一死の後、突然雨が降り出し、一時中断する。 1時間の中断後、試合は再開され、玉野は安打を許すも無得点に抑える。

3回の表、9番1番の連続安打により、一死一・三塁のピンチを迎える。ここで仲前が粘りの投球を見せ、続く二者を打ち取る。

5回の表、玉野は先頭打者の岡崎が左前安打で出塁し、続く唐下の送りバントで一死二塁の好機を迎える。しかし後が続かず無得点に終わる。

その裏、二本の安打などで一死一・三塁のピンチを迎え、次の打者の二ゴロの間に三塁走者が返り、1-1の同点となる。その後、安打と四球で二死満塁とされるも続く打者を見逃し三振に切って取り、ピンチを凌ぐ。

6回の裏も失策と四球が絡み、一死満塁のピンチを迎えるが、ナカマエがここで踏ん張り、続く打者を空振り三振、さらに次打者を三ゴロにしとめ、このピンチを切り抜ける。

7回表、玉野は先頭打者高岩が四球を選び、無死一塁。続く三村が確実にバントを決め、一死二塁の好機を迎える。ここで岡崎が2打点目となるタイムリー安打を右中間に放ち、玉野が1点を勝ち越す。

その後、投手仲前は残り3回を四球などで出塁を許すも、無安打に抑え、そのまま2-1で玉野が逃げ切る。

玉野は相手投手の好投もあり、苦戦を強いられたが、投手仲前の粘投で2-1で辛勝した。

DSC_1958 revise

2回戦 4月25日(日) 倉敷市営球場      対 岡山南高校

岡山南  4 0 0 1 0 0 0 0 0     5

玉 野     0 0 5 0 0 0 0 0 1×  6

バッテリー: 浅野ー三村

夏のシード権をかけた大事な一戦。相手は秋季大会ベスト8の岡山南高校。

1回の表、先発投手浅野の立ち上がり、四球で出塁を許し、続く打者の送りバントで一死二塁のピンチを迎える。ここで三連打をあび、4点を先制される。いきなり劣勢に立たされた玉野はその裏、先頭打者の飯田丈が死球で出塁するも後が続かず、無得点に終わる。

3回表、死球と連打で二死満塁のピンチを迎えるが、最後の打者を空振り三振にしとめ、無得点で切り抜ける。

その裏玉野は、先頭打者の岡崎が中前安打で出塁し、続く唐下の犠打で一死二塁とする。さらに浅野の中前安打で一死一・三塁の好機を迎える。ここで飯田丈の一ゴロ野選で1点を返す。続く河井が四球を選び、一死満塁。この好機に3番近藤祐が走者一掃となる右越え三塁打を放ち、3点を追加し、同点とする。さらに4番田村の犠飛により、1点を勝ち越し、試合をひっくり返す。

4回表、3本の安打などで1点を返され、同点とされる。

この後、試合は落ち着き、お互いに走者は出すが、両投手とも粘り、無得点のまま回は進んでいく。

5-5の同点で迎えた9回表、岡山南の攻撃、先頭打者を左前安打で出塁を許し、続く送りバンドを投手浅野が慌てて打球をはじき、無死一・二塁のピンチ。続く4番打者を一ゴロにしとめ、一死二・三塁。続く打者を歩かせ、一死満塁となる。このピンチに投手浅野は落ち着いて次の打者を空振り三振。さらに続く打者を投ゴロに抑え、この大きなピンチを切り抜けた。

9回の裏、玉野は一死の後、唐下が相手の失策で出塁。続く浅野の犠打で二死二塁のサヨナラのチャンスを迎える。ここで飯田丈が中前安打を放ち、二死一・三塁となる。続く打者は7回途中から出場した佐藤裕。2球目を思いっきりたたくと打球は左前へ。この間に三塁走者唐下がホームに返り、ここでゲームセット。

玉野は投手浅野の粘投と、佐藤裕の殊勲打により、この大激戦を制した。

DSC_2090 revise

3回戦 4月29日(木) マスカット球場      対 倉敷工業高校

倉敷工  0 0 1 0 0 3 1 0 1     6

玉 野     0 0 0 0 0 3 0 0 0     3

バッテリー: 浅野・仲前・飯田一 ー 三村

ベスト4をかけた準々決勝。相手は昨春の選抜出場校の倉敷工業高校。

1回の表、先発はエース浅野。いきなり先頭打者に0-3になるもここから踏ん張り空振り三振に打ち取る。これで波に乗った浅野は1・2回を三者凡退に抑える。

一方、玉野の攻撃、相手投手の変化球に的を絞れず3回まで無安打に抑えられる。

3回の表、倉工の攻撃、先頭打者を歩かせ、次打者に送られ一死二塁のピンチ。さらに続く打者に中前安打を打たれ、一死一・三塁となる。ここから3連続四球で1点を献上する。

4回裏、玉野は二死より4番田村が中前安打を放ち、これが初安打となる。しかし後続が倒れ、無得点に終わる。

6回表、倉工の攻撃、先頭打者に左中間二塁打を打たれ、四球、犠打で一死二・三塁。続く打者に左中間三塁打を打たれ、2点を失う。さらに直後に捕逸で0-4となる。

その裏、玉野が反撃開始。先頭打者の代打松岡が四球を選び、一死の後、代打發知も四球で一死一・二塁となる。この好機に近藤祐が右横三塁打を放ち、2点を返す。さらに田村が右前安打で続き、3-4と試合を盛り返す。

7回表、倉工の攻撃。玉野は投手仲前に交代する。しかし、先頭打者を四球で歩かせ、二塁へ送られた後、左越え二塁打を打たれ、1点を失う。

8回表、玉野は3人目の投手、飯田一が登板し、三者凡退に打ち取る。

その裏玉野は、3番近藤祐が右前安打で出塁し、一死の後、5番高岩も右前安打で一死一・二塁の好機となる。しかしその後が続かず、無得点に終わる。

9回にも1点を奪われ、3-6となり、最後の玉野の攻撃も三者凡退に打ち取られ、ゲームセット。

これで、玉野高校は春の県大会をベスト8の成績で終えた。たくさん声援をいただき、本当にありがとうございました。夏の大会では、甲子園出場を目指し、これからも頑張りますのでどうぞ応援をヨロシクお願いします。

Comments are closed.

アーカイブ

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン